細胞レベルでの若返りの成功:ハーバード大による実験



tldr: ハーバード大の研究者グループがマウスを使った実験で老マウスの視力を回復することに成功。マウスの年齢を細胞レベルで戻すことに成功した


若返りの秘訣は古来から様々な科学者、権力者が求めてきた歴史の長い人間の長い長い野望。

有限な命である私達人間にとって、
常に若く居続けるということは死を騙すための第一歩かもしれないです。

科学が急激的に進歩してきた昨今、人間の老いについては DNA ・細胞レベルで研究されており、
どうにかして老いのメカニズムを解明できないか、世界のトップの研究者が模索してきました。

ハーバード大の研究結果はその第一歩かもしれないです。

今年の 12 月 2 日、ハーバード大のメディカルスクールに所属する研究者グループが老化によって弱まったマウスの神経および網膜に蓄積されたマーカーを取り払ったところ、視力が回復したとのことが判明

もちろん、今回の結果はマウスでの結果なため、
人間で同様のことが行えるかは今後の研究によって判明されます。


今回は視力の若返りですが、もちろん応用は視力だけでないはず。
今後の研究に期待大です。

ちなみに正式発表は以下のページから

また、Nature 誌での発表は以下から

Reversal of biological clock restores vision in old mice

海外の掲示板の科学スレでもやや話題となっており、
2020年のこれからの科学技術が非常に楽しみになる大きな前進ではないでしょうか。